お墓じまい

お墓じまい(改葬)とは

お墓を撤去処分または移転することを言います。遺骨は墓地あるいは納骨堂として許可されている場所であれば、法律上はどこへ移転してもかまいません。ただし、お墓じまいをするには、移転先は無論のこと、いまお墓がある墓地管理者からも許可を得る必要があります。いまのお墓が菩提寺にある場合には、菩提寺との関係に十分気を配りながら、円滑に勧める必要があります。

お墓じまいの手順(参考) 
面倒な行政手続き等は全てお任せください

大切なことは改葬先を決める前に菩提寺に相談することです。先ずは日頃のご無沙汰をお詫びし、これまで法事などでお世話になった事への感謝の意を述べた上で、改葬の理由を述べるのが礼儀です。お寺から離檀料を求められる場合があります。法事などでこれまでお世話になったお寺ですから、自分の出来る範囲で礼を尽くすのが良いでしょう。また檀家の中に付近に住む親族が居る場合は、その後のつきあいのこともありますから、必ず親族とも事前に相談しましょう。

  1. これまでの墓地の管理者に改葬を願い出て、承諾を得る。
  2. 改葬先の墓地を確保し、お墓を建てる。あるいは納骨堂を確保する。
  3. 改葬先の墓地管理者に「受入証明書」を発行してもらう。
  4. これまでの墓地のある市区町村役場で「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」(納骨堂の場合は「収蔵証明書」、土葬の場合には「埋蔵証明書」)など、改葬に必要な書類をもらう。
  5. 「改葬許可申請書」に所定事項を記入し、これまでの墓地管理者に「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」の所定事項に記入・押印してもらう。
  6. 「改葬許可申請書」「埋葬証明書」に「受入証明書」を添えて、これまでの市区町村役所に提出して、「改葬許可証」を発行してもらう。
  7. これまでの墓地で閉眼法要(御霊抜き)を行い、遺骨を取り出す。墓地は更地にして墓地管理者に返還する。
  8. 改葬先の墓地管理者へ「改葬許可証」を提出する。
  9. 改葬先の墓地で開眼法要(御霊入れ)と納骨式を行う。

お墓じまい セットプラン

永代供養墓「絆」

お墓じまいから、ご先祖様のお骨を永代供養墓にお納めするまでのセットプランがございます。浪石がご紹介する美原・美原東ロイヤルメモリアルパークの永代供養墓はそれぞれの宗派の作法で霊供養行事を行い、手厚く故人のご冥福をお祈りしております。

現地調査・行政手続き・解体工事・墓石処分・永代供養墓

セット価格 25万円~(税抜価格)

※永代供養墓は合祀式永代供養墓「絆」に埋葬の場合。

別途費用

抜魂式・開眼納骨式のお寺へのお布施、相場は3万円前後。(地域によって相場が異なりますので、担当にお尋ねください)

ご納骨式お手伝い

お墓の移転完了後、お魂を入れる開眼式の準備、お手伝い等も承ります。
祭壇の用意、供物の手配、天候によりお寺様のパラソル等の準備。
納骨の際の納骨室の開閉等補助をさせていただきます。
※別途費用となります。お問い合わせください。
※寺院等の手配が必要でしたらご紹介出来ますので担当者にお申し付けください。

お墓のリフォーム

お墓の傾き直し

同一墓所内に石碑が2つあり、両方が墓所中央部に向かって傾いていました。お魂抜き後に石碑を一時撤去して、下部から原因となる陥没箇所をしっかりと土を突き固め、セメントにて補強して石碑を水平に据え直しました。墓所内の玉砂利(五色)も新しく取り替えました。

墓石の欠け補修

墓石、上台正面に大きな欠けがあり、お参りのたびに気になっていたが、専用パテと研磨にて補修、殆ど目立たなくなりました。

墓石クリーニング・防草マサ施工

墓石クリーニング用の薬剤を使用して、墓石を洗うと見違えるほど綺麗になりました。墓地内の雑草の生えた土も、草のはえにくい「防草マサハイパー」に入れ替えました。他に防草処置は雑草の生えた土を撤去して、固まるタイプの防草土を施工し、その上に那智黒や五色などの玉砂利を敷き直すやり方もあります。